un pot de confiture ジャムのびん
f0147145_18192711.jpg


ある 夏の日。

遠い国から 空を飛び 海を越え ジャムの空き瓶が届きました。





びんには 友人からの短いメッセージが添えてありました。
「このジャムの空きびんは50年前のものです。亡くなった私のおじいちゃんが大事にとって おいてたの。
とても綺麗だから あなたにあげる。思い出のしるしとして・・・。」

・・・50年前のある朝。
彼女のおじいちゃんは 街のパン屋でバゲットを買い、食料品店に寄りジャムを買って 
おうちへ帰ったのでしょう。
そして おばあちゃんと仲良く カフェオレを飲みながら 朝食を食べたのでしょう。

・・・そのジャムのびんが 今ここにあるなんて 何だか不思議です。
きっと 彼女のおじいちゃんも 自分のお気に入りのびんが 日本へ来るなんて
夢にも思わなかったでしょうね?
by noli-co | 2007-09-24 21:50 | Original | Trackback
トラックバックURL : http://pcmiel.exblog.jp/tb/6413284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< chapter.29 アメリ Amélie >>